次世代のヘルスケア産業創出に向けた取り組み
〜世界に羽ばたくヘルスケア産業となるために

2007年生まれの半数以上が100歳以上生きるという、100年人生が現実味を帯びてきたいま、そのライフサイクルはどう変化し、ヘルスケア産業にはどんな役割を求められていくのだろうか。国が目指す「生涯現役社会」の道筋や、その施策のひとつとして、中小企業や女性へも広がりを見せ始めた「健康経営」の現状を紹介する。また、これからのアジア市場を見据え、日本のヘルスケア産業が目指すべき姿についても言及する。

経済産業省 ヘルスケア産業課 課長
西川和見
セミナーNo. S-11
日時 1月31日(水)  10:30~11:20
聴講料 聴講料無料

※聴講のお申し込みは、セミナー一覧ページで行えます。

セミナー一覧へ戻る