抗疲労食薬と健康・安心・快適空間の開発要点

「スタミナ食を食べても疲れは取れない」「乳酸は疲労物質ではない」など従来の『疲労の常識』を覆し、数々のメディアを通じて浸透させてきた講師。本講座では疲労医学に基づく、新たなヘルスケアサービスの開発・提供のための要点を解説する。

大阪市立大学 医学部疲労医学講座 特任教授
東京疲労・睡眠クリニック 院長
梶本 修身
セミナーNo. S-13
日時 1月31日(水)  12:50~13:40
聴講料 聴講料無料

※聴講のお申し込みは、セミナー一覧ページで行えます。

セミナー一覧へ戻る