海藻アカモクの健康維持・増進につながる
豊富な機能性


海藻アカモクは、日本の海岸で見られる海藻。伝統的に食べられていたのは一部地域だけで、
ワカメ、ヒジキやモズクなど他の食用海藻と比べて馴染みが薄い。近年注目されるようになった
アカモク、その成分と、経口摂取による便秘予防や血中コレステロール上昇抑制効果など、美味
しく健康維持・増進につながる機能を解説する。

広島工業大学 生命学部 食品生命科学科
准教授・博士(農学)
村上 香
セミナーNo. F-21
日時 2月1日(木) 10:40~11:30
聴講料 1,000 円

※聴講のお申し込みは、セミナー一覧ページで行えます。

セミナー一覧へ戻る